母子手帳をもらうには?

マタニティ

臨月にも入りマタニティ生活も残すところあと少しになりました!
少々早いですが自分のマタニティ生活を振り返ると、
今回の妊娠が初めてだったので、本当に分からない事が多くて大変だったなーと思います。

特に妊娠検査薬で陽性になった時は「まずどうしたらいいの?」と、たくさん検索したりした事を思い出しました。
私は検索オンチで、検索してもイマイチどうしたらいいのか想像できない( ;∀;)、みたいな事が多いのですが、この時も検索はしたもののよく分からず、、、とりあえず産婦人科を探してました。

なので、これからマタニティ生活を迎える方々への勝手なエールとして(笑)、
この記事では、私の経験談としての妊娠発覚〜母子手帳(母子健康手帳)をもらうまでのお話ができたらなと思います。最後まで読んでいただけますと幸いです♪

妊娠したかも〜病院決め

妊娠検査薬で陽性という段階だと、「もしかしたら〜」という可能性の話なので、親や友人などにちょっと相談し辛いなと感じる人も多いと思います。

私の場合は、体調の変化から「あ、妊娠したかも?」となったので、妊娠検査薬でまず確かめました。結果が陽性だったので、旦那さんと家族会議を重ねて産むことを決めました。ちなみにこの時は、病院に行く前にどうするのかを決めていないと行けないと思い込んでいました。

産むことを決めてから1週間後くらいに、レディースクリニックに受診に行きました。
病院は希望条件で予め下調べして、家から30分程度の距離にあって、ドクターを含めて全員女性スタッフの病院にしました。

ちなみに私は、プライバシーが気になる部分もやっぱりあるので安心して受診できる病院、何度も通院したりするので通いやすい病院、という条件で探しました。

産婦人科医&管理栄養士のダブル監修【メルミー葉酸サプリ】

最初の受診内容とは

病院の受付で「まず何て言えばいいの?」となりましたが(笑)、
「妊娠検査薬で陽性だったので診てもらいたいのですが、、、」とお伝えしたら、問診票を渡されたので記入をしました。

プライベートな内容の質問は基本的に問診票で聞かれました!
私は、プライベートな事を言葉で話すのが少々恥ずかしいなと感じていたのですが、問診票に記載することで言葉に出さなくてよかったので、同じように感じる方もそこはそれ程に心配しなくても大丈夫かなと思います。

また問診票の中に、産む or 産まない or 検討中 の質問がありました。私はこの時点で旦那さんと産むことを決めていたので、産むに丸を付けました。
病院行く時点で、どうするのかを決めていないといけないんじゃないか?、となんとなく思っていたのですが、この問診票をみて、この段階で決めきれていなくても良いんだなと思いました。

その後、内診室に呼ばれました。内診台が初めてだったのでちょっと緊張しつつ、妊娠の様子を確認してもらい、ドクターに正常妊娠かを診断してもらいました。子宮の様子をモニターで見させてもらい、赤ちゃんの心臓の音も聞かせてもらえました!初めて自分のお腹の子の心臓音を聞いたときは、なんか感動したことを覚えています( *˘ ³˘)

次に、診察室に呼ばれてドクターから問診票をもとに何週目なのか、や仮の出産予定日正常妊娠なのか等のお話を聞きました。あとは先ほどの内診時のエコー写真をもらって診察自体は終わりました。

その後に、病院の個室のようなところで看護師さんからつわりの状態や体重管理、栄養管理の説明を受けて、次回の初回妊婦検診までに母子手帳を用意して欲しいと言われました。

ちなみにですが、私は妊娠30週までは都内のレディースクリニックで診てもらっていて、それ以降は近所の産院に転院していたので、上記の母子手帳まわりの説明は看護師さんからでした。産院では助産師さんからこのお話があるかと思います。1対1だったので、つわりやこの時点で何か不安があった場合はゆっくり相談できる時間でした。

経験談メモ

妊娠してすぐは超音波のエコーでは確認ができないようなので、たしか妊婦検診のはじめの3回くらいまでは内診台で赤ちゃんの状態を確認してもらう感じです。

※内診台って少し緊張したり、恥ずかしさみたいなのがありますよね!
初めの頃は、「あれ、超音波エコーじゃないの!?」「いつまで内診台で診察なの〜^^;」と思ってました(笑)

便通を改善するオリゴ糖食品『カイテキオリゴ』

母子手帳の交付を受ける

次回の初回妊婦検診は約4週間後くらいだったので、それまでに役所に母子手帳をもらいに行く感じでした。

母子手帳の交付の手続きに必要な持ち物をネットで事前に確認し、運転免許証マイナンバーカードの2つを持って行ったと思います。

市役所では、何課に行けばいいのか分からなかったので受付で「母子手帳をもらいたいのですが、、、」と聞いて、たしか健康支援課に案内してもらいました!

保健師さんが担当してくださり、必要書類の記入をお願いされました。出産予定日や、今までの健康状態の確認、あとは産後の育児等のサポート体制の有無などについて書類をもとにカウンセリングがありました。

その他には、補助券の使い方様々な制度の大まかな説明、あとは母子手帳の副読本マタニティマーク等を貰って、全部で1時間しないくらいで手続きは終わりました。
私は基本平日はお仕事だったので、市役所のオープン時間に行き手続きをして、その日は1時間程度の遅刻をして出社したかと思います。

女性100人の声から生まれた【マタニティクリーム】

以上が妊娠発覚〜母子手帳をもらうまでの私のレポでした!
当時は本当に何も分からなくて、一々検索して恐る恐る病院に行ったり役所に行ったりした事を思い出して、懐かしくもなりました。(笑)
少しでもどうしたらいいのか悩んでいる方や、これからマタニティ生活を迎える方等の参考になれたら嬉しいです。
最後まで読んでいただきありがとうございます!

それでは👋。

タイトルとURLをコピーしました